FAQ

1. CDISC ODM Certified(Platinum Member)
2. ISO 9001 Certified
3. FDA Part11 Compliance Assessment_Passed
4. ISPE GAMP5 Assessment_Passed
5. GS Certified for each solutions
1. 各ソリューションが連動され、データを共有することで同じデータの反復入力が不要です。
2. 現場での経験とフィードバックを積みながら成長してきたシステムだけに、現場で便利に使える機能を備えています。
3. 臨書試験ソリューションに関する各規制当局規定への認証を備えています。
システムに関するお問い合わせの電子メールは24時間受付が可能で、お電話でのお問い合わせはKST(UTC+09:00) 09:00 ~ 18:00の間対応しております。ただ、緊急状況に対応して緊急連絡網を24時間用意させており、関連プロセスは内部標準手順書に明示して業務化しております。
IDC(LGU+、韓国ソウル)及びDRセンター(AWS、シンガポール)の運営で24時間管理してします。
CRScubeのソリューションは、韓国では約15,000ヵ所の施設が、 海外では約20国の400ヵ所の施設が使用してします。
eCRFソリューションのcubeCDMSを基準にして下記のフォーマットをリアルタイムに出力できます。
1. XPT
2.SAS
3. Access
4. Excel
5. CSV
6. ODM
cubeBUILDERのライセンス導入費用は無料で、他のソリューションは各試験の相(Phase)及び被験者数を考慮して合理的な価格を算定します。
はい、インターネットに接続されていれば、モバイルでいつ、どこでも使用できます。
CRScubeの全てのソリューションはインストールが不要なWebサービスです。インターネット接続さえできれば十分です。
システム監査は常時支援しており、支援可能な言語は日本語、英語、中国語、韓国語です。またCRScubeのソリューションはWebサービスの形で提供されるのでシステムに関する最低限の内部SOP(ユーザー登録・R&P管理など)を用意することで十分です。