cubeCDMS

FDAの21 CFR Part 11を遵守するEDCソリューションとして認められたcubeCDMSは、ぬかりないeCRFデータ収集と便利で効率的なデータマネジメントを同時に実現できる最適なソリューションです。
cubeCDMSは臨床試験の障害要因を速やかに感知及び対応することができ、データ収集段階からデータ分析まで、臨床試験を成功へと導きます。

CRScubeのすべてのソリューションと完璧に統合され、より容易で、柔軟に高品質のデータを生成できます。
高度のリスク軽減によって高い効率性を提供します。
短いソリューションのトレーニング時間で早く試験開始することができます。
臨床試験の所要時間を短縮できます。
完璧なセキュリティーとデータバックアップでデータの破損及び損失リスクを未然に防ぎます。

KEY FEATURES & BENEFITS

リアルタイムデータ照会&ダウンロード

  • ダッシュボードで被験者登録、クエリー及び有害事象など、臨床試験の成功につながる主要な要因をリアルタイムで確認。
  • 追加費用なく無制限に各ドメイン別のDataset、Blank annotated CRF、被験者PDFをダウンロード可能。
  • 運用及び生産性に関する10種以上の基本/カスタマイズドレポートを無制限にダウンロード可能。
  • cubeRBMとの連動で真のリスクベースドモニタリングを実現。

効率的かつ便利なデータマネジメント

  • エディットチェックやシステムクエリーを通したデータの完全性保障。
  • 入力されたデータを基にプロトコルの逸脱・違反事項を自動感知。
  • バッチクエリーの生成、クローズ、回答可能。
  • SDVフラグやFreezing機能を活用した簡便なデータレビュー。

迅速かつ正確なメディカル・コーディング

  • 医師がMedDRA(/J)等のコーディング用語集から選択した内容を、データコーディング段階で一括に適用する機能を提供。
  • 過去のコーディング記録を読み込んで、迅速かつ一貫したコーディングを実現可能。
  • データコーディング用語集のバージョンアップ可能。
  • 二つ以上の医学用語集を使用したデュアル・コーディングが可能。

多様な入力&出力

  • 中央検査機関データといった外部データに対する有効性検査(バリデーション)及びアップロードが可能。
  • DICOMファイルのアップロード及びイメージに含まれた個人情報の自動感知・除去可能。
  • 多様なフォーマット: XPT, SAS, Access, Excel, CSVフォーマットでデータセットをダウンロード可能。
  • eCRFデータのODM出力ファイルをダウンロード可能。

INTERGRATED SOLUTIONS

無作為割付及び試験薬交付

共有データベースを基盤にしたデータ連動

eCRFデータに対するリスク基盤モニタリング

eCRFから収集した有害事象の自動連動及び報告

cubeCDMS・cubeIWRS・cubePROの構築ソリューション。

AT-A-GLANCE

DOWNLOAD BROCHURE

cubeCDMSについてもっと詳しい 情報がご入用ですか?

氏名
メールアドレス
部署
メッセージ